ファシリテーション

【講座のお知らせ】準備から運営まで、会議ファシリテーション入門講座@静岡

日々の会議や打ち合わせを改善するための手法を身に着け、実践できるようになっている。
みんなのアソビバお知らせ

2019.4.21 出張アソビバ@上行寺

「みんなでつくる、みんなのアソビバ」が、上行寺に出張します! 今回は、上行寺のこどもマルシェ「あそびば」とのコラボ企画です。 出張アソビバ@神武通り 日時:2019年4月21日 場所:上行寺
みんなのアソビバお知らせ

2019.4.14 出張アソビバ@神武通り

「みんなでつくる、みんなのアソビバ」が、神武通りに出張します! 今回は、じんむ市とのコラボ企画です。 出張アソビバ@神武通り 日時:2019年4月14日 場所:神武通り商店街
みんなのアソビバ活動報告

商店街を「遊び場」に!みんなでつくる、みんなのアソビバ

11月25日の静岡新聞朝刊に「みんなでつくる、みんなのアソビバ」の告知記事が掲載されました!商店街にみんなの「遊び場」をつくります。
みんなのアソビバ活動報告

出張アソビバ「おもちゃとえほんFes」に行ってきました!

2月17日(日)は、焼津市に2年後にできるターントクルこども館のプレイベント「おもちゃとえほんフェス」が開催されました。 「2年後にこんな施設が焼津にできるんだ!」と、市民の皆さんに知ってもらうために開催されたこのイベント。
ファシリテーション

「◯◯について」を卒業しよう!だらだら会議を脱出する議題設定の仕方

突然ですが、下の会議の議題を見て、何か気付くことはありますか? ■■に関する検討会議 日時 20▲▲年▲月▲日 会場 ★★★会議場 議題  1、◯◯について  2、△△について  3、□□について これを見て、何も思わなかった方は、...
まちづくりの実験

アソビバ作戦会議「おもちゃファンド構想」part.1

みんなでつくる、みんなのアソビバが昨年の12月に開催されてから約2ヶ月。 アソビバの第2ステップを考えるべく、1月21日(月)に「アソビバ作戦会議」を開催しました! 12月のアソビバに携わってくださった方が8名、はじめましての方が3名、計...
ファシリテーション

会議で意見が出ない!を解決するすぐにできる3つの方法

司会の方が「何かご意見ありませんか?」と尋ねて、シーンという気まづい時間が続く。一定の時間、意見が出ないと「◯◯さん、いかがですか?」と司会が、会場に振り始める。振られた人が、それっぽいこと言って、気付いたら会議が終わるというのがよくあるやつです。自分自身もそんな現場をたくさん経験したことがあります。
ファシリテーション

日々の会議話し合いを変えるオリエンテーションのOARR(オール)とは?

ファシリテーションは、日々の会議や話し合いの場を促し、創造的な成果に結びつけるためのスキルと考え方です。 ファシリテーションについて色々なところでお伝えしていると、こんな質問をよく受けます。 模造紙出したり、付箋使ったり、アイスブ...
団体運営ノウハウ

学生団体こそ無料で簡単なホームページ作成ツールを使いこなせ!

今日とある高校生が、「高校生だから、まだホームページとかつくれる技術ないし...」と言っていたのを聞いて、「いや、小学生でもできるっしょ!」と思ったので、超簡単なホームページのつくり方をまとめまていきたいと思います。!
オススメの本

ファシリテーションをゼロから学ぶ人のための10冊の本

ファシリテーションをゼロから学びたい人のための10冊の本を紹介します。
HOW TO

伝え方にはルールがある、らしい。

「伝えるの下手だな〜」って思った経験ありませんか?その一方、「あいつ伝えるのうまいな〜」と思ったことがある方も。
イベント告知

【参加者募集】もやもやコミュニケーションの解決策!焼津市平成30年度ファシリテーター養成講座

・自分の考えが思うように伝わらない。 ・意見が対立して思うように意見がまとまらない。 ・会議で誰も意見を言ってくれない。 そんな悩みを持ったことはありませんか?  ファシリテーションはそんな日々のもやもやを解消する技術です。...
つぶやき

「なんでお金にならないことばかりするの?」と聞かれて

国の大きな流れを見つつ、地方でしっかりやる。 20年後に草の根の活動があるかないかでまちの姿が大きく変わる気がするなぁ。 気付いたら、水道光熱費が今の何倍にもなって、救急車も消防車も来なくなって、学校も運営できなくなって... まあここ...
イベント告知

ドイツの子どもの遊び「まちの遊びが文化をつくる」

2018年9月19日-10月2日までの約2週間、文科省の日独青少年指導者交流セミナーに派遣団として参加し、ドイツの「子どもの遊び」に関わる団体等を訪問しました。 「子どもの遊び」から「社会・政治参加」への橋渡し ドイツへの訪問はこれで3...
イベント報告

自治体職員向けの「会議ファシリテーション研修」を担当しました。

8/30(木)は、焼津市の市民協働推進員向けの「会議ファシリテーション研修」を担当させていただきました。市民協働推進員は、部署ごとに市民協働を推進するというミッションを与えられた職員のことで、年間で3〜5回程度の研修会が開催されています。 ...
まちづくりの実験

人権にカテゴリーはない。デンマーク人が語りかけたもの。

今日は昨年、焼津で実施されたデンマークキャンプが映画化したということで、その上映会に参加。 デンマークから映画をつくった監督や、キャンプに参加していた皆さんも来日していました。 デンマークキャンプは、エグモントホイスコーレンという障害者と健常者が約半々の国民高等学校の関係者が参加しており、同校に留学経験がある吉田さんを中心に、Hyggeの高橋さんや西村さんが、焼津の様々な個人・団体を巻き込んで実施したものです!
若者の政治参加

文科省の日独青少年指導者セミナーの派遣団になりました!

文科省の日独青少年指導者セミナーの派遣団になりました! 子ども・若者と関わるワーカーが対象の研修プログラムです。 今回の研修のメインテーマは、子どもの遊び! プレイワーク系を中心に9月後半から約2週間ドイツに派遣されます! ...
まちづくりの実験

人口減少時代のまちづくり「高齢者の地域活動は介護費を減らす?」

今日は焼津市公益活動事業補助金の公開審査会にオブザーブ参加。 福祉大の山城先生が最後の講評で、「高齢者の団体の応募が多い印章だが、これは素晴らしいこと。まちづくり活動に関われるのは、健康の証拠。健康ということは、自治体が福祉にかけるお金も減...
まちづくりの実験

スウェーデンから学ぶ、生徒の権利の視点から部活動問題を考える。

最近、部活動に関わる教員の「ブラック部活動問題」についての議論が盛んになっています。確かに休日や残業を返上で部活動に取り組む教師にとって現在の部活動は深刻な問題です。しかし、部活動のもうひとりの当事者である生徒の立場にたった議論があまりない...
スポンサーリンク