「 子ども・若者の参加 」 一覧

焼津在住の大学生が新庁舎建設に一言物申す

市役所が建て替えになるって知ってた? 焼津市で市役所の新庁舎の建て替えに関して議論になってるのご存知でしょうか?今までの庁舎が古くなり、新しい庁舎に建て替えを行うのですが、その建設地に関して問題になっ …

日本に広がる理念なき「参加」

1995年の阪神淡路大震災の経験から、行政だけでなく、市民の力も借りて、まちづくりをしていこう!という機運が高まっています。市民活動団体(NPO)も多く立ち上がり、地域で「市民協働」、「住民参加」、「 …

「政治」との関わりは選挙だけじゃない

こんにちは。静岡に住む大学生のどひ(@Kosuta_ask)です。 朝日新聞に記事を書いてもらったよ。 3月20日に予定している「静岡わかものフェスタ」の告知記事を朝日新聞のS記者に書いていただきまし …

民主主義を体感する場、遊佐町少年議会(後編)

この記事は前編からの続きになりますので、お気を付けください。 少年議員たちが生み出した政策 後編では早速、少年議員たちがどんな政策を生み出したのかについて紹介していきたいと思います。 今年で第13期に …

綺麗事だけど、結局ノウハウとかどうでもいいよねって話

いろいろな中高生と関わったり、周りの大人たちを見ていて気づいたんですけど、ノウハウって正直どうでもいいですよね。(どうでもいいというのは言い過ぎかな。あったほうがいいくらいです) 思いが先か、やり方が …

スウェーデンの学校内の政治活動ってどうなってるの?

18歳選挙権に伴う副教材が公開されましたね 選挙権年齢引き下げを受けて、主権者教育に関する副教材が発表されました。学校内の政治的中立性について議論になっていますが、ここで外国に目を向けてみようと思いま …

わかもののまち静岡が変えた静岡「社会はひとりで変えられない」

「わかもののまち静岡」はどうしてはじまってか? 静岡を守っていく人がいなくなるのが寂しい。最初はそれがはじまりでした。 地方創生を叫ぶ日本国内で、特に人口減少が全国第2位と報道された静岡県。この報道を …

【先進事例まとめ】国内の子ども・若者参加

国内で進んでいるところを教えてほしいというリクエストがあったので、ニーズはあるのかなと思って、 国内の子ども・若者参加に関する学校外の先進事例のまとめをしてみます。 18歳選挙権の実現で学校内の教育に …

「18歳選挙権」と「主権者教育」と「地方創生」について考えてみる

18歳以上に選挙権を与える改正公職選挙法が今年の6月に成立した。私が所属しているNPO法人Rightsが15年以上前から18歳選挙権の実現を求めて活動していたことを考えると、法案の成立はとても感慨深く …

“原体験”を大切にすること

最近よく「なんで、こんな活動はじめたんですか?」「そんなにいろんな団体に関わっていて、大変じゃないんですか?」ということを聞かれることが多くなりました。ちょっと慌ただしくなってきた自分の整理のためにも …

あなたに保障されている権利は何?

ドイツスタディツアー 2014年9月、NPO法人Rightsが企画をした「ドイツスタディツアー」に参加をし、政治教育(”political education”)の先進地であるドイツを約1週間訪問した …

日本のユースセンターに行ってみた。ゆう杉並①

はじめに  「ユースセンター」という施設をご存じだろうか?ユースセンターとは、北欧を中心に発展しているユース世代(中・高校生世代)が放課後の余暇活動を過ごす場所のことである。この説明を聞いて、児童館を …