つぶやき

Facebookが性別欄に56の選択肢を。

投稿日:2014年5月7日 更新日:

みなさんこんばんわ。土肥です。
ブログ名が”Youthweek”なのに、月一でさえも書くのがやっとになっていることに気づき…
もうちょっと頑張ってみようかと思います。

今日は、Facebookのお話です。
2010年、ソーシャルネットワークという映画が話題になりましたが、Facebookはもともとマークザッカ―バーグ氏がハーバード大学在学中に友人らと「Facemash.com(フェイスマシュ.com)」という大学に在学している学生の画像を格付けするサイトをつくったことをきっかけに、現在に至っています。

そのフェイスブックが先月、性別選択の欄に「male(男性)」、「female(女性)」”以外に56の選択肢を作りました。
詳しくはこちら。

ゲイやバイセクシャル、レズビアンなど多様な性に対応できるよう、ありのままの自分「真の自分」を実感してほしい。ということが、今回の56の選択肢の追加の理由らしいです。

日本国内でも、テレビで最近「おねえ」と呼ばれる人たちが出演できるようになったように、少しずつではありますが、人と違った性癖を持つことに対する抵抗感がほんの少しですが、薄まってきているように感じています。
しかし、どこか偏見を持つ傾向も変わらずあり、「真の自分」を出せず、苦しんでいる人も多くいるのも現状です。

人と違うことがいい。多様な価値観、多様な人間を認め合うことができる社会であったらな。といつも思っています。
なぜ、みんな同じでなければいけないんでしょうか?

話は少し変わりますが、とある記事でスウェーデンの幼稚園では男女平等社会の実現のため、「男の子」、「女の子」という単語をあえて使わないようにしていたり、幼稚園で使う人形が性別が分からないものを用いていたりと、徹底した男女平等教育が幼稚園児のころからされているそうです。

上記した、様々な性癖もそうですが、人と違うことがいい。という、多様性を重んじるようになるには、もしかすると小さい頃から教育していくことが必要なのかもしれません。
ただ、この文脈での教育という言葉は僕はあまり好きではありませんがね。

人と違うことが前提の社会になっていけばいいな。

-つぶやき
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

まさかの子どもの「遊び」離れ?

2014年9月にベネッセ教育総合研究所から興味深い調査が出された。 なんと、中高校生が忙しすぎるというデータなのだ。(コチラを参照) 「ゆとり教育」の失敗から、教育制度の見直し、「脱ゆとり」が叫ばれる …

高知市は子どもの夢が叶うまちってホント?

Contentsこうちこどもファンドってご存知ですか?子どもに任せるまちづくりこうちこどもファンドの意義とは子どもの参画度合いの高さなんで参画させないといけないかもっと情報が欲しい方に!その他全国の若 …

ロジャー・ハートの参加のはしごから考える「中高生を使い物にするまちづくりが流行りなの?」

地方創生や18歳選挙権の流れから全国でぐっと中学生・高校生をまちづくりに参加させる取り組みが増えている印象を受けます。 中学生や高校生であっても、そのまちに住むひとりの「市民(citizen)」である …

イベントは「参加者」より、「主催者」のほうが圧倒的に楽しい5の理由

たまたまある後輩と話していて、「イベント主催者側は面倒だから参加者のほうが楽ですよね」という言葉を聴いて、もしかしたら多くの人がイベントをつくるのは面倒って感じていて、参加者のほうが楽と感じているんじ …

素朴な若者の想いに寄り添うまちを目指して

  Contents若者が主人公となれるまち若者政策は成長戦略 若者が主人公となれるまち そんなまちのイメージを抱きながら、活動をしている。若者が主人公とは一体どういうことであろうか?それは …