【ご案内】ファシリテーター養成講座+(プラス) さらにスキルアップしたいあなたに。

ファシリテーター養成講座+(プラス)スキルアップしたいあなたに。   ファシリテーター養成講座+(プラス) さらにスキルアップしたいあなたに。さらなるファシリテーター力の向上を目指す方にファ …

「選挙」に若者参加をどのように組み込むことができるか

政治×若者のモヤモヤ感 衆議院の開催に伴う総選挙が行われることになりました。 (解散自体に意味があるのかという議論があることはひとまずここでは置いておいて)毎度思うことではありますが、選挙のたびに僕ら …

【ご報告】若者による公開討論会及び若者マニフェストの発表がマニフェスト大賞を受賞

若者による静岡県知事選公開討論会実行委員会が「マニフェスト大賞」最優秀賞を受賞! 今年の静岡県知事選でNPO法人わかもののまち静岡、浜松若者社中が中心になって実施した「若者による静岡県知事選公開討論会 …

環境の収支を合わせる”ミティゲーション”という考え方

“ミティゲーション”とは? ミティゲーション(mitigation)とは、一般的には「緩和する、和らげる」という意味で使われており、環境政策におけるミティゲーションは、「開発に …

どんな未来をつくりたいかを土台にアイデアを語ろう!

楽しいけどクールダウンが大事。 地域活動・まちづくり活動の話し合いは、どんな楽しいイベントをするか、に集中しがちです。 僕自身、飲み会や思いつきのアイデアがその場で盛り上がって「いいね!やっちゃおう! …

子どもの権利条約ニュースレターに寄稿しました!

政策に若者の声を、「わかもののまち静岡」の挑戦 ご依頼をいただき、「子どもの権利条約ネットワーク」のニュースレターに『政策に若者の声を、「わかもののまち静岡」の挑戦』と題した報告をさせていただきました …

手法が先か、目的が先か、ワークショップのプログラムデザインで気をつけたいこと

前回の記事で、本当につながるには”What”ではなく”Why”をシェアしよう!ということについて書きました。これはワークショップデザインにも共通すると噛 …

本当に”つながる”には、”What”ではなく”Why”をシェアしよう!

9/5は、NPO法人bond placeの小笠原さん(以下てっちゃん)をお招きして、「多様な主体がつながり、まちづくりに取り組むには?」をテーマにまちづくり勉強会でした。 この講座は昨年からひっそりと …

子ども期に自分を揺り動かす重要な他者と出会うこと。高知市こども・子育て・まちづくりフォーラム

高知市 こども・子育て・まちづくりフォーラム「こどもと保護者がまちづくりに関わる意義」 この記事は、平成29年7月30日(日)に開催された高知市主催の「こども・子育て・まちづくりフォーラム」のパネルデ …

【募集】”違う”を乗り越える考え方と方法 焼津市ファシリテーター養成講座

“違う”を乗り越える考え方と方法 2016年度に開催したファシリテーション連続講座が、「ファシリテーター養成講座」としてパワーアップして今年も開催です! 今回のテーマは、&#8 …

インスタグラマーは必ず行くべき?焼津の夏の夜は「夏のあかり展」へ!

今年も浜通りで開催されている夏のあかり展へ。 今年で10回目になる「夏のあかり展」に今年も行って来ました。なんと今年は10回目。NPO法人「浜の会」によって運営されている市民によるあかり展です。 あん …

2拠点生活する人が気をつけたい7つのポイント

早いもので東京と静岡の2拠点での生活をはじめて3ヶ月になりました。月によって変動しますが、だいたいの場合は月〜水は東京、木〜日は静岡、みたいな生活をしています。 最初はどうなることやらと思っていた2拠 …

【全文】若者の社会参加を推進する自治体政策の評価に関する研究 -欧州の若者政策を参考に-

若者の社会参加を推進する自治体政策の評価に関する研究。 こちらのページで学部時代の論文の全文と論文を噛み砕いて記事にしているブログ記事をまとめていきます。 本稿の概要 本研究では、日本とイギリスの若者 …

若者の参加評価研究vol.2「参加をめぐる欧州の若者政策の流れ」

「若者の社会参加を推進する自治体政策の評価に関する研究」vol.2 複数回に分けて、学部時代の卒業論文で扱った「若者の社会参加を推進する自治体政策の評価に関する研究-欧州の若者政策を参考に-」をブログ …

若者の参加評価研究vol.1「18歳選挙権の実現と若者の政治離れの必然」

「若者の社会参加を推進する自治体政策の評価に関する研究」vol.1 この記事から複数回に分けて、学部時代の卒業論文で扱った「若者の社会参加を推進する自治体政策の評価に関する研究-欧州の若者政策を参考に …

「やいぱる」が広報やいづに掲載!Yaizu Weekでも8/9を担当!

広報やいづ7月号に「若者ぷらっとホーム やいぱる」が掲載されました! 焼津市が毎月発行している広報誌「広報やいづ」で若者ぷらっとホームやいぱるの紹介をしてくださいました! やいぱるは、今年の2月に焼津 …

子どもが審査する高知のまちづくりファンド

子ども目線のまちづくりは、子ども目線でしか評価できない! 6月は研究室の調査で高知に行ってきました。 目的は、子どもが応募し、子どもが審査する「こうちこどもファンド」の公開審査会の見学! こうちこども …

子どもがいない公園、公共圏を市民に取り戻す。

公園は誰のものか? NHKのニュースに「子どもがいない 公園は誰のもの?」という記事が千葉大の木下勇先生のコメント付きで紹介されていました。   「当児童公園内での球技禁止」こうした禁止事項を記した看 …

『選ぶ』から『創る』公開討論会に!21世紀市民参画型社会の提案。

『選ぶ』から『創る』公開討論会に! 6/25の静岡県知事選射向けて、中部・西部の若者団体が共同で実行委員会を組織して、静岡県知事選公開討論会を企画しています。     え?公開討論会?それおもしろいの …

若者は社会に関心がないのではなく、社会に対して意見を言う機会がないだけである。

若者が社会に関心がないというのは本当か? 「若者は社会に関心がない」とよく指摘されるが、本当にそうなのだろうか。   社会に関心がないのではなく、社会に対して意見を言う機会がないだけではいだろうか。 …