カッコいい大人は向こうからやって来ない

こんにちは。どひ(@kosuta_ask)です。

前回の「就職しないと、社会のことを知れないという大人たち」で、大変多くの方からアドバイス含めコメントをいただきました。本当にありがとうございます。

こんなにコメントをいただけると思っていなかったので、少しびっくりしたのですが、それぞれの方の考え方とかコメントを見れて良かったです。

今日はここまでの大学生活を通して、感じるカッコいい大人と悪い大人の話です。

カッコいい大人って?

僕はこれまで自分の活動などを通して、多くの「大人」と会ってきました。自慢ではないんですが、大学生になってから会ってきた人の数には自信があって、その多くの出会いが今の自分の糧になっています。(「大人」とは何ぞやっていうのを考えるとキリがないので、ここでは自分よりも年上で、大卒くらいの年齢の人ということにしておきます。)

皆さんも同じ経験をしたことがあるかもしれませんが、いろんな大人と会って話しをしていくと、「カッコいいな」と憧れることがあります。もちろん、カッコイイっていうのは、顔がいいってことではないですよ 笑

「カッコいい」っていう感覚

職業、年齢、性別は関係なくて、楽しそうに仕事をしていたり、夢を叶えるために行動を起こしていたり、学生の僕らに対してもフラットに接してくれたり…言葉にするのがちょっと難しいのですが、感覚的に「この人カッコいい」と思えるんですよね。(下の方に詳しく書きますが、ここでいう「カッコいい」は何かデカいことをやっている人ってことではないと思うんです)

それと同時に、僕もこんな風にカッコよく生きたいなと思います。いわゆるロールモデルっていうんでしょうか。

もちろん、その人たちと全く同じように生きることは無理だし、逆にそんな人生だったらつまらないです。だけど、その人たちの考え方とか、大切にしているものに触れることは、自分の考え方とか生き方をより深くしてくれたり、いい刺激を受けているなと日々感じています。

なんとなく見つけたカッコいい大人と出会う法則

さてさて、ここからが本題なのですが、そんなことを振り返っていたら、その「カッコいい大人」を「カッコいい」と思った時は、向こうから「こんにちは〜」ってやってきたんじゃなくて、絶対に自分から会いに行っているという共通点があることに気付きました。

「自分から会いに行く」というのはどういうことなのかというと、どこかイベントなどで一度会って「もっと話したいな」と思い、もう一回アポをとって話をしに行った人。その人が書いた文章や活動を何かで知って、直接話を聞きたいなと思って、アポをとって話に行ったり…など、「いいな〜」と思ったら、話にいくということです。

もちろんしっかり話をしてみたら、なんか違うなっていうこともあるんですが、「チャンスはつかみにいけ」なんて言葉もあるように、「カッコいい大人には自分で会いに行け」ってことですね。

何を「カッコいい」と思うかが大事。

この時に、気を付けたいのは悪い大人を「カッコいい」と思わないことです。

もちろん人によって「カッコいい」と思うポイントは違うと思うのですが、悪い大人をカッコいいと思ってしまうと、悪い影響をたくさん受けてしまいます。

例えば、「大学生を利用してやろう」という雰囲気ぷんぷんの大人もいます。そういう雰囲気が丸分かりの人はいいのですが、それを表に出さない人もいたくさんいます。これがけっこう面倒なんですよね。こういう人には、労働力などとして使われちゃうことがあるので気を付けたいです。(この辺のことは別で記事にしましょう)

また、「利用しよう」とは思っていなくても、地に足がつかない大人に感化されることもあります。カタカナの言葉を並べて、雰囲気はカッコいいんだけど、しっかり見てみると中身があんまりない人です。こういう人を「カッコいい」と思ってしまうと、自分が大切にしたいものもどんどんぶれていく気がします。

カッコいい大人は自分からやって来ない(多分)

多分ですけど、「カッコいい大人」って大学生が集まるところにあんまり来ない気がします。というか、普通の大人が大学生と関わる理由ってあんまりない気がするんですよね。

もちろん、学生のことを応援したいという純粋な気持ちで来てくださる方もいらっしゃいますし、若い人がどんなことを考えているか教えてほしいとか、若いパワーをもらいたいっていう方もいますから、一概には言えません。

ただ、普通に仕事をされている方が積極的に学生と関わる理由って、上にあげたくらいのもので、あとは何か裏があると思った方がいいというのがこれまでの経験からわかったことです。

そう考えると、普段学生が会っているほとんどの大人は、社会の中のほんの一部です。普段会っている大人の中に一定の確率で悪い大人が混じっていることを考えると、ここでいう「カッコいい大人」と会える確率ってめっちゃ低いです。

さてさて、だんだん話がずれてきましたが、まとめるとカッコいい大人はなかなか自分からやって来ないけど、悪い大人はけっこう自分からやって来るんじゃないかな〜という話でした。