大学生に早朝バイトをすすめる5つの理由

こんにちは。どひ(@Kosuta_ask)です。

何のバイトをするかって大学生にとって、大きな悩みだったりしますよね。僕もここまで4~5つくらいのバイトをしてきました。

塾、飲食、事務など様々なバイトをしてきました。そして、僕は最終的に朝バイトという選択が大学生にはベストだということに気づきました。今日はその理由を5つにまとめてみたいと思います。

⒈仕事が簡単なのに、時給が高い

朝バイトの圧倒的なメリットは時給が高いことです。

朝の時間は働く人があまりいないので、比較的高給なバイトが多くなります。

さらに、仕事が楽なのも特徴です。働き方にもよりますが、早朝なので接客は基本的にはなく、開店前の準備をするものがかなりの割合を占めています。開店準備は、何も考えずに仕事を黙々としていればいいので、目覚ましにもちょうどいいです。

⒉授業に寝坊することがなくなる

朝バイトの勤務時間は働き先によって異なりますが、だいたい5時〜7時くらいから始まり、9〜10時には終わる短時間のものが多いようです。

ご存知のように、大学の授業の開始時間は1限が9時頃、2限が10時半頃なので、バイトが終わってから大学に向かえばちょうどいい時間になります。

夜のバイトをしていた頃は、寝坊で授業に行きそびれることもありましたが、朝バイトを始めてからは寝坊は一度もしなくなりました。深夜バイトで眠い目をこすりながら、授業に出るよりも、朝ひと働きしてから授業に出ることをお勧めします。

⒊1日がめっちゃ長くなる

朝バイトをはじめてから1日の時間がとても長くなった気がします。

飲食系で夜バイトをしていた時は、23,24時頃に家に着き、そこからお風呂に入ったりしていると眠るのは1,2時頃が普通で、必然的に次の日に起きるのは9,10時です。

しかし、朝バイトをはじめてからは毎朝6時起きです。バイトは9時までなので、夜バイトをしていた時の起床時間には一仕事終えている状態になり、そのあとの時間はすべて自由に使えるので、1日がめっちゃ長くなります。

自由に使える時間が長くなったことで、読書をしたり、運動をしたりと、余暇に使える時間が増えて、生活にゆとりが出てきた気がします。なんとなくストレスも軽減されている気もします。

⒋ニキビがなくなった

朝バイトをはじめて1〜2ヶ月で、ニキビができなくなりました。

夜バイトをしている時は、夕食を食べるのは22時以降、朝は上に書いた通り9,10時起きで、朝食は食べたり食べなかったり…という状況で、かなり体に悪い生活をしていたと思います。ニキビは生活習慣の乱れからできるという話を聞いたことがありますが、まさに乱れまくった生活で、肌がどんどん汚くなりました。

朝バイトを始めてからは朝6時にはきっちり起きて、朝食を食べてからバイトに向かいます。夕食は18時〜19時くらいに食べて、夜は24時までには眠るようにしています。めっちゃ健康的です。おかげでニキビはなくなり、(朝バイトの効果かはわかりませんが)朝バイトをはじめてから風邪など病気をすることはなくなりました。

⒌意外と休みやすい

これは働き先によって異なると思いますが、僕のバイト先は意外と休みやすいです。今はスーパーの早朝品出しをしていて、スーパーだと自分以外にも働いている人が結構います。自分がいたほうが仕事が早く終わるくらいの人員に考えられていて、自分がいないとまわらないという状況はできにくいです。

よく某牛丼チェーンがバイトだけでまわしていると聞きますが、そもそも朝バイトは正社員がお店の鍵を開けに来ないといけなかったりするので、バイトだけでまわすという状況ができにくいです。

ブラックバイトに悩まされているみなさんは、朝バイトへの乗り換えをおすすめします。

結論、バイトは朝したほうがいい。

将来の職業のためにこの仕事をしたい!(教師になりたい人とか)、アルバイトに大学生活を注げたい!という人以外は、朝バイトをすることをおすすめします。

朝バイトだけでは稼ぎたい金額に達しない場合は、朝バイト+短時間のバイトなどを組み合わせることで、簡単に8~10万くらい稼げます。短時間のバイトで、飲食系や教育系、事務系など色々やってみると、こんなもんか〜と経験ができておもしろいかもしれません。

あとあくまでも朝バイトは、時間を有意義に使いたい人のためのものなので、他のバイトも全然ありだと思いますよ。有意義な学生生活をおくる選択肢のひとつとして、朝バイトをぜひ!

【合わせて読みたい】

学生が早朝バイトを選ぶための3つの原則