レポートを書くのが苦手な大学生は、いますぐブログを始めたほうがいい3つの理由。

タイトルの通りです。

レポートを書くの苦手な人はいますぐブログをはじめたほうがいいです。

いいことしかありません。失うのは今あなたがスマホを見ているような空き時間だけです。1日30分で大丈夫です。

なんでブログを始めたほうがいいのかの3つ理由を紹介していきます。

①文章を書くのが好きになる

ブログをはじめると、文書を書くのが好きになります。

僕はブログをはじめるまで、文章が書くのが大嫌いでした。

大きな声では言えませんが、大学の最初の頃のレポートはネットからのコピペがほとんどです。(多分、先生は気づいていたでしょうが…)

レポートを書くのが苦手な人は、僕のようにそもそも文章を書くのが嫌いだったりします。

まずは自分の興味などから適当にブログを書いてみる。勇気があれば、SNSでシェアするのいいでしょう。

無理にルールを決めず、書きたいときに書いてみるだけでも、全然違います。

いまは文章を書くのは苦ではありません。むしろ、楽しいです。

②レポートを書くのがめっちゃ早くなる

ブログを始めてから、とにかくレポートを書くのが早くなります。

昔はA4紙 1枚のレポートを書くのに60分くらいかかりました。

今は30分くらいで書けます。半分です。劇的な変化ですよね。

単純に文字を打つのに慣れて、タイピングスピードが早くなったこともあると思いますが、文章を書くのに慣れたことも大きいように感じます。

レポートを書くときって、書き始めるときに何を書こうかなと悩んで、手が止まりますよね。

しかし、ブログを書いている人は、「こういう構成で書こう」、「こんなことを書こう」と普段から考えていたります。あとはその内容を文字に起こすだけですから、圧倒的に早くレポートが書けるわけです。

③レポートの評価が上がる

ブログをはじめてからレポートの評価が上がりました

これは嬉しいことです。

ブログを書くときは、自分の書きたいことを書くとはいいつつも、少なからず読み手のことを意識します

「どんな文章だったら読んでもらえるか?」「自分が一番言いたいことは何なのか?」「言いたいことを正確に伝えるためにどうすればいいか?」

これは、けっこうレポートと共通する部分があると思いませんか?

ブログをはじめる前と後の違いは、読み手(先生)に自分が伝えたいことをどう伝えればいいのかを考えながら、レポートを書くようになったことです。

そうすると自然に、このデータを引用したほうがいい、結論は最初に持ってこよう、文章はこういう構成にしようと、論理的な文章を書くことができます。

さあ、アメブロ、wordpress、livedoor、はてぶろ、ブログを書くプラットフォームはたくさんあります。悩んでいる間にすぐにはじめてしまいましょう。

Information

このブログ書いている人。

まちづくりって美味しいの?

2000人の若者も動かした、僕らの政策の変え方(298円)