コミュニティデザインってなんだ?

コミュニティデザインの意味って?

先日、私が所属する研究室の卯月盛夫先生からコミュニティデザインの概念整理について教わりました。

コミュニティデザインといえば、Studio-Lの山崎亮さんの『コミュニティデザイン―人がつながるしくみをつくる』があまりにも有名です。

 

 山崎さんの本はとっても素敵な本なのですが、国内に広がるコミュニティデザインは、なんとなくぬるっとしている印象があります。

「ぬるっと」というのは、実際現場レベルで「コミュニティデザイン」が使われているのを見ると、仲良しこよしのサークルっぽさ、もしくは「これがコミュニティデザインだ!カッコイイだろ」って言わんばかりにアピールしてきたり、あるいはとりあえずワークショップをやっておけばコミュニティデザインだ、というふわふわしているイメージがあります。

コミュニティデザインの歴史

そんな中、「そうだったのか!」と、目から鱗のコミュニティデザインの歴史の話を聞きました。

まず、コミュニティデザインの源流は、1960年代のアメリカに広がった都市計画弱者を守るための人権運動にあるということです。1960年代といえば、全世界的に運動が盛んになった頃です。

都市計画弱者とは、有色人種、貧困層など、税金を納められない故に公共サービスを受けることができないた人たちのことを指しています。

非常に格差が大きく、住宅環境が保証されていなかった貧困層の状況を見て、中流階級の人たちが「彼らの人権が軽視されているんじゃないか!」と運動をしたのがはじまりなのです。

コミュニティデザインとは、弱者のための運動であり、そのキーにあるのは「人権」「公正」といった言葉です。

つまり、障がい者や高齢者、女性、子どもなど、まちのなかで弱い立場にあるひたとたちの「人権」を守るのがコミュニティデザインです。コミュニティデザインは、社会を変えるためのものなのです。

余談ですが、この話を聞いて韓国のナメクジユニオンの話を思い出しました。詳しくは両角さんがまとめているので、リンク先で読んで見てください。

http://tatsumarutimes.com/archives/10505

本当は「弱者」という言葉は使いたくありませんが、ここではあえて使っています。

どんな価値をまちづくりにおきますか?

日本でコミュニティデザインを議論するときに「人権」というほとんど言葉を聞いたことがありません。

直接「人権」という言葉を使わずとも、私たちが「まち」を考えるときに、その原理・原則に「人権」や「公正」といった言葉はあるでしょうか?

誰のためのまちづくりなのでしょうか?

私たちがこれからまちで生活していくときに、どんな価値がおかれているのか丁寧に整理し、(上で議論したようなことを基礎に置いた上で)「これが価値だよね」とみんなで確認しながらまちをつくっていくことがコミュニティデザインなのかもしれません。

【参考】

「まちづくりの実践 住民参加のまちづくり」卯月盛夫

http://www.jamp.gr.jp/academia/pdf/101/101_06.pdf

【土肥潤也(子ども・若者の地域参画コーディネーター) プロフィール】

静岡のNPOで活動をしながら、東京の大学院に通う。

静岡と東京の2拠点生活をする実践者兼学生(研究者)

プロフィール
土肥潤也(子ども・若者の地域参画コーディネーター )土肥潤也(どひじゅんや)略歴子ども・若者の地域参画コーディネーター。1995年1月17日...

【子ども・若者が政治的主体として参画できる社会に】

○県知事も「おもしろい!」と言った若者の政治参加を進める3つの提案

県知事も「おもしろい!」と言った若者の政治参加を進める3つの提案
新春知事対談〜明けまして、ボクらの未来〜明けましておめでとうございます。更新があまり多くない本ブログですが、昨年同様に書ける時に書きたい記事...

○学生ボランティアを無償の労働力にするのは最低だ

学生ボランティアを無償の労働力にするのは最悪だ。
なんとなく「ボランティア」という言葉に違和感を持つことがあります。本来は「自発的な」という意味なのに、日本のボランティアに自発性があることが...

○プロセスに当事者がいない居場所はただの押し付けだ

プロセスに当事者がいない居場所はただの押し付けだ。
子ども・若者の居場所は大人の押し付け?約1年間準備をしてきた焼津駅前の若者の地域活動拠点が、今年の2月にオープンすることになりました。子ども...