2拠点生活する人が気をつけたい7つのポイント

luxury-2280060_1920

早いもので東京と静岡の2拠点での生活をはじめて3ヶ月になりました。月によって変動しますが、だいたいの場合は月〜水は東京、木〜日は静岡、みたいな生活をしています。

最初はどうなることやらと思っていた2拠点生活は、はじめてみると思ったよりも快適です。今回は実際に2拠点生活をするなかで、これは気をつけないとヤバイなと思ったポイントを7つに分けて紹介していきたいと思います。

①生ゴミの処理を忘れない

これは最も大事なポイント。生ゴミの処理を絶対に忘れてはいけません。

2拠点生活をしていると、どちらかの家を数日は空けることが多くなります。そんな中、三角コーナーや排水溝の処理をおろそかにすると、確実にコバエがたかります。これは経験談です 泣

「まあ2,3日は大丈夫だろう」とたかをくくっていると痛い目を見るので、数日家を空けるときは絶対に生ゴミの処理をすることをオススメします。

②冷蔵庫の中身の確認

これは生ゴミの処理と重なる部分でもありますが、冷蔵庫の中の確認には気をつけたいです。

とくに腐りやすい野菜類はそのままにしておくと、腐ってしまう可能性が高いので、自分の生活のリズムを考えて計画的に処理しなければいけません。

そう考えると、野菜を買うことに慎重になりがちですが、やっぱり野菜が食べたいというあなたには、冷凍保存がオススメです。長持ちしてくれるものも多いので、詳しくはこちらのページをチェックしてください。

③方言の使い分け

気にしなければいい!という意見もあるとは思いますが、それでもやっぱり気になるのが方言。2拠点で生活していると頭の切り替えがうまくいかず、「なにその言葉?笑」と思われてしまうこともあります。

僕の場合、静岡はそこまで方言が強い地域ではないのであまり気になってはいませんが、癖の強い方言のある地域の方は少し意識する必要があるのかもしれません。とはいえ、方言はアイデンティティだとも思うので、気にしすぎにも注意です。

④交通機関予約の日付間違い

大きな移動が頻繁になると交通機関の利用も多くなります。リッチにいけば飛行機や新幹線、安くすませたければ鈍行や高速バスです。

何にしても事前にチケットを買っておいたり、ネット予約することが頻繁になります。年に数回の旅行の予約ならば慎重にチェックしますが、毎週のように移動しているとチェックがおろそかになって日付間違いも起こりがちです。

僕は高速バスのネット予約でよく間違えてしまいます…。(その場でキャンセルと買い替えができるのでありがたいのですが、焦りますよね 汗)

⑤体調管理

移動は大きな体力を使いますし、その土地によって気候が違ったりするので、2拠点生活者は体調管理に要注意です。

気づかぬうちに疲れやストレスが溜まって、寝込んでしまうということもあるので、自分の体調には気をつけましょう。

⑥投票のタイミング

ちょっと視点が変わりますが、投票のタイミングも大事です。

2拠点生活者といっても2拠点投票権とはいかず、どちらかの地域に住民票があるため、自分のスケジュールを見て投票に行かないといけません。期日前投票や不在者投票といった仕組みもあるので、選挙の情報を確認して投票に行きましょう!

⑦戸締りと電気や水道の確認

最後にものすごく当たり前で大事なことで、戸締りと電気の確認です。

数日家を空けるということは、戸締りをしなければ空き巣や泥棒に入られる可能性が高いですし(僕の場合、何も取られるものはありませんが 笑)、電気や水道のつけっぱなし・流しっぱなしは要注意です。

家を出る際には、鍵が閉まっているか、電気は消えているか、水道は閉まっているかなどを、必ず確認することをくせにしたいですね。

家を空けることが多いゆえに気をつけたいポイントがある2拠点生活。しかしその分、実際に2拠点生活をしてみるとメリットが多いのも確かです。急なスケジュール変更があることも見越しながら、計画性を持って、快適な2拠点ライフを楽しみましょう!