完全民間でデンマークの修学旅行をもてなす焼津のまちづくりのチカラ

先週は、デンマークEgmontホイスコーレン(国民高等学校)の修学旅行が焼津にやって来ました!

そのなかのひとつのプログラムとして少し協力をさせていただき、アート交流活動、バブルサッカー、懇親会と朝から夜まで盛りだくさんでした。

デンマークとのアート交流、若者。

egmont_180409_0016

今回は、デンマークの皆さんと交流する中高大学生世代のコーディネートを担当させていただきました。

焼津市のみならず、静岡市などからもわざわざ高校生・大学生が20人近く来てくれて、デンマークのみなさんと交流を楽しみました。参加してくれた中高大学生のみんな、ありがとうーー!!

egmont_180409_0043

交流の様子

まず、焼津駅前通り商店街に降り立ち、デンマークのみなさんと一緒に、商店街のお店の看板作りをしました。デンマーク人のデザイン性に驚きながら、一緒に楽しくアートを通して交流をしました。

Egmontホイスコーレンは、障害者と健常者が半分ずつの割合の学校で、「共生」を実現しています。日本だとセパレイトしがちなのに、普通のことのように生活しているデンマークのみなさんの姿は、日本の若者たちにとっても刺激になったようです。

egmont_180409_0049

完成した素敵な看板

市民団体が引き受けた修学旅行のプログラム

今回、デンマークの修学旅行の受入を中心にやられていたのは、焼津のまちづくり団体Hygge(ヒュッゲ)です。

egmont_180409_0045

看板の完成を見届けるHyggeの吉田さんと商店街の堀田さん

Hyggeの皆さんは、焼津市の中高生世代の交流拠点若者ぷらっとホームやいぱるの大人サポーターもしてくださっており、いつも若者をあたたかく支えてくださっている素敵な大人です。

Hyggeの吉田さんが、今回修学旅行で来たEgmontホイスコーレンに留学されていたこともあり、焼津に来られることになったのでした。

バブルサッカーで交流。

egmont_180409_0036

バブルサッカーで交流

デンマークの修学旅行が焼津にくることももちろん驚きなのですが、修学旅行の受入にあたって行政はほとんど絡まず、市民の様々な団体や個人が中心になって、おもてなしをしていたのがとっても印象的でした。

アート活動のあと市内の中学校の体育館に移動し、みんなでバブルサッカー。

実はこのバブルサッカーも焼津の30代・40代が中心となっているまちおこし団体ロコ★スタのみなさんの協力によって実現しているのです。バブルサッカーができるバブルを持ってるまちおこし団体が焼津にあるってのもおもしろい 笑

egmont_180409_0040

作戦会議中??

egmont_180409_0037

Hyggeの高橋さんのお宅に移動し、そのまま懇親会へ。

アート活動も、バブルサッカーも、そのあとの懇親会も、(そして前々日にやっていた釣りやウォークラリーも)

たくさんの人が協力して、手作りのあたたかいおもてなしをする焼津に純粋に「すげえ」と思い、もっと焼津のことが好きになるでした。

デンマークのみなさんが焼津に来たことをきっかけに、商店街の商店、30,40代のまちづくり団体、若者などなど、多様なひとが混じり合う会でした。

この機会をつくってくださったHyggeの皆さん、
Egmontホイスコーレンの受入に協力された多くの皆さん、
楽しくて、素敵な時間をありがとうございました