ドイツ

イベント告知

ドイツの子どもの遊び「まちの遊びが文化をつくる」

2018年9月19日-10月2日までの約2週間、文科省の日独青少年指導者交流セミナーに派遣団として参加し、ドイツの「子どもの遊び」に関わる団体等を訪問しました。 「子どもの遊び」から「社会・政治参加」への橋渡し ドイツへの訪問はこれで3...
若者の政治参加

文科省の日独青少年指導者セミナーの派遣団になりました!

文科省の日独青少年指導者セミナーの派遣団になりました! 子ども・若者と関わるワーカーが対象の研修プログラムです。 今回の研修のメインテーマは、子どもの遊び! プレイワーク系を中心に9月後半から約2週間ドイツに派遣されます! ...
子ども・若者の参加

あなたに保障されている権利は何?

ドイツスタディツアー2014年9月、NPO法人Rightsが企画をした「ドイツスタディツアー」に参加をし、政治教育(”political education”)の先進地であるドイツを約1週間訪問した。政治教育を中心的に進めている行政組織や、...
ドイツの政治教育

ドイツにおける若者政策–政治教育・政治参画–

帰国後に様々な場所で視察報告をさせていただいており、せっかくなので報告スライドをシェアしたいと思います。年度内には、(2014年の視察を踏まえて)2017年の視察内容をまとめた報告書も作成しようと考えています。こちらもお楽しみに。
ドイツの政治教育

ドイツの学校から学ぶ政治的中立性の実現〈ドイツレポ vol.2〉

学校教育における政治的中立性の確保は、日本でも18歳選挙権の実現に伴う主権者教育の導入とともに盛んに議論されてるテーマです。 そんな中ドイツでは、ナチス政権崩壊後に(政治組織は敬遠されたため)政治に無関心な市民が増えたことに課題意識を持ち、「反ナチズム」を掲げ、積極的に政治教育に取り組んできました。具体的には、欧州の中でも珍しい連邦政治教育センター(bpb)を1964年に設置し、現在では各州にも政治教育センターが設置されています。
ドイツの政治教育

若者のボトムアップで始まったドイツの模擬選挙、学校外で投票シュミレーションU18 〈ドイツレポ vol.1〉

2017年11月11日〜19日までの約1週間、ドイツ連邦外務省の招聘を受け「ドイツにおける政治教育」をテーマに視察をしてきました。 2014年9月にも同様のテーマで、NPO法人Rightsが主催する視察に参加し、現在もドイツのまちづくりや子ども参加について研究をする研究室に所属していることから、何回かに分けて、視察報告の記事をブリグにアップしていきたいと思います。
イベント報告

こどもには権利がある。ミュンヘンの子ども参加のまちづくり

「子どもと家族に優しいまち」この記事は、東京都練馬区まちづくり講座 ミュンヘン市の「こどもと家族にやさしいまち」に参加をし、文字におこし、僕なりのコメントを加えたものである。当日の内容のすべてを、網羅できていないことを先にお断りしておく。ド...
つぶやき

環境の収支を合わせる”ミティゲーション”という考え方

ミティゲーション(mitigation)とは、一般的には「緩和する、和らげる」という意味で使われており、環境政策におけるミティゲーションは、「開発による自然環境への影響を何らかの具体的な措置によっ て緩和すること」とされています。
イベント告知・報告

【告知】若者シンポジウム2015のお知らせ

若者シンポジウム2015 若者世代のエンパワメント活動を若者(大学生)が中心に行うYEC(若者エンパワメント委員会)では2015年2月21日(土)に「若者シンポジウム2015」というイベントを企画しています。
スポンサーリンク