若者

子ども・若者の参加

あなたに保障されている権利は何?

ドイツスタディツアー2014年9月、NPO法人Rightsが企画をした「ドイツスタディツアー」に参加をし、政治教育(”political education”)の先進地であるドイツを約1週間訪問した。政治教育を中心的に進めている行政組織や、...
まちづくりの実験

完全民間でデンマークの修学旅行をもてなす焼津のまちづくりのチカラ

先週は、デンマークEgmontホイスコーレン(国民高等学校)の修学旅行が焼津にやって来ました!そのなかのひとつのプログラムとして少し協力をさせていただき、アート交流活動、バブルサッカー、懇親会と朝から夜まで盛りだくさんでした。デンマークとの...
主権者教育

主権者教育は、大人の真似事をすることではない。茨城県JCで研修を担当。

若者参画・主権者教育をテーマに研修。2018年3月20日は、日本青年会議所茨城ブロック協議会の主権者意識向上委員会にて、主権者教育や若者参画に関する内部研修を担当しました。この委員会では、県の教育委員会などと連携し、ハイスクール議会を開催し...
つぶやき

わかもののまち静岡が変えた静岡「社会はひとりで変えられない」

「わかもののまち静岡」はどうしてはじまってか?静岡を守っていく人がいなくなるのが寂しい。最初はそれがはじまりでした。地方創生を叫ぶ日本国内で、特に人口減少が全国第2位と報道された静岡県。この報道を受けて、このままじゃやばい、僕たちに何かでき...
つぶやき

若者は社会に関心がないのではなく、社会に対して意見を言う機会がないだけである。

「若者は社会に関心がない」とよく指摘されるが、本当にそうなのだろうか。 社会に関心がないのではなく、社会に対して意見を言う機会がないだけではいだろうか。 NPO法人わかもののまち静岡では、6月に投開票が予定されている静岡県知事選に向けて、若者の声を集め、それを集約し「静岡わかものマニフェスト2017」として、知事選候補予定者に届ける #わかちじ というキャンペーンを今週から実施している。
まちづくりの実験

プロセスに当事者がいない居場所はただの押し付けだ。

約1年間準備をしてきた焼津駅前の若者の地域活動拠点が、今年の2月にオープンすることになりました。 子どもや若者の居場所施設は児童館等をはじめ各地にありますが、本当の意味で若者の居場所にしていくのならばその設置プロセスから若者が関わるべきだと考えています。
つぶやき

『選ぶ』から『創る』公開討論会に!21世紀市民参画型社会の提案。

『選ぶ』から『創る』公開討論会に!6/25の静岡県知事選射向けて、中部・西部の若者団体が共同で実行委員会を組織して、静岡県知事選公開討論会を企画しています。  え?公開討論会?それおもしろいの?まず「公開討論会」と言うと、「え?むずかしそう...
つぶやき

ゾロリも読めなかった僕がすすめる本を読み進める

本を読むのは大嫌い(だった。)とにかく本を読むのが大嫌いでした。学校で課題図書とかが出て読書感想文なんて書かされる日には、発狂しましたね。それでも本を好きになろうと、小学生の時にはじめて手にした本は「かいけつゾロリ」。かいけつゾロリ ちきゅ...
まちづくりの実験

県知事も「おもしろい!」と言った若者の政治参加を進める3つの提案

更新があまり多くない本ブログですが、昨年同様に書ける時に書きたい記事を書いていこうと思うので、本年もよろしくお願いします。 さて、前の記事でもお知らせをさせていただいたように、静岡第一テレビの番組「新春知事対談〜明けまして、ボクらの未来〜」で川勝静岡県知事と対談をさせていただきました。
主権者教育

神奈川では小学生から政治参加教育を。

高校生に向けた主権者教育が注目されている中、今年の5月から神奈川県では、小・中学生向けの政治的教養を育むプロフラムの開発がはじまったそうです。
主権者教育

若者の投票率だけをあげれば良いの?

自民党が5月に発表した政策パンフレット「国に届け」の中で描かれている漫画「軽いノリじゃダメですか?」をご存知だろうか。軽いノリで選挙に行こう!と、若者の選挙啓発が目的につくられたであろうこの漫画であるが、果たしてこのノリで選挙に行くことはいいことなのだろうか?
まちづくりの実験

焼津だけじゃない、川根にも若者交流拠点ができたらしい。

焼津駅前に若者の秘密基地ができたことを「静岡新聞にも掲載されたよ!焼津駅前にできた秘密基地ってどうなの?」でお知らせしました。 昨日の新聞を見ていたら、川根にも「若者交流拠点」というものができるというのを発見しました。
まちづくりの実験

焼津在住の大学生が新庁舎建設に一言物申す

焼津市で市役所の新庁舎の建て替えに関して議論になってるのご存知でしょうか?今までの庁舎が古くなり、新しい庁舎に建て替えを行うのですが、その建設地に関して問題になっています。
つぶやき

日本の若者の人生は思う通りにならない?スウェーデンの若者の意識から学ぶこと

今年の6月にYEC(若者エンパワメント委員会)でスウェーデン王国を訪れ、「若者」そして「民主主義」ということをキーワードに、スウェーデンの若者の社会参加における先進的な取り組みや、持続可能な民主主義の仕組みなどの視察を行った。
つぶやき

【ご報告】「わかもののまち・静岡」が第10回マニフェスト大賞優秀賞を受賞いたしました。

ご報告です。 「わかもののまち・静岡」実行委員会が、第10回マニフェスト大賞を受賞いたしました! マニフェスト大賞の受賞自体はひとつの結果に過ぎず、これで「わかもののまち」に一歩近づいたわけではありませんが、より多くの方にこの運動の...
子ども・若者の参加

スウェーデンの学校内の政治活動ってどうなってるの?

18歳選挙権に伴う副教材が発表されましたが、ここでスウェーデンの学校内の政治活動について見ていきたいと思います。
つぶやき

世田谷の若者観が進みすぎ

世田谷区の報告書を見ての話です。
つぶやき

素朴な若者の想いに寄り添うまちを目指して

わかもののまちで活動するときに大切にしなければいけないこと
つぶやき

スーツを脱いで”政治”を語ろう

そろそろスーツを脱いで政治の話をしませんか?
つぶやき

「18歳選挙権」と「主権者教育」と「地方創生」について考えてみる

18歳以上に選挙権を与える改正公職選挙法が今年の6月に成立した。私が所属しているNPO法人Rightsが15年以上前から18歳選挙権の実現を求めて活動していたことを考えると、法案の成立はとても感慨深く、そんな団体で活動できていることを誇りに...
スポンサーリンク