まちづくりの実験

地域イベントには絶対にアソビバを!みんなのアソビバ@加賀

加賀市(石川県)で8/17-18の2日間かけて開催された山代アートマーケットに相乗りして、「みんなのアソビバ@加賀を初開催しました!

「みんなのアソビバ」とは?

そもそも「みんなのアソビバ」は、昨年僕がドイツに行ったことをきっかけにはじめたまちづくりプロジェクトで、焼津市の駅前通り商店街を中心に活動を展開しています。(詳しく知りたい方はこちらのリンクをタップ

焼津での「みんなのアソビバ」の様子

なんで加賀での「みんなのアソビバ」?

今回の加賀での開催は、たまたまの連続。

そもそも加賀との繋がりは、子どもや若者とはまったく異なるまちづくり系のプロジェクトで、コーディネーターとして派遣されたのがきっかけです。

温泉もあるし、良いまちだ!と、今年の2月くらいから毎月3分の1程度を加賀で過ごしているのです。(加賀での仕事の内容も近々紹介します)

子どもの遊び報告会の様子

せっかく子ども・若者のことをずっとやってきたから、加賀でも何かできたら良いなぁと思っていたところ、僕の静岡での子ども・若者のプロジェクトに関心を持ってくだる地元の方がいて、急展開で「ドイツの子どもの遊び報告会」を6月に開催させていただきました。

そして、話はどんどん前に進み、こうした報告会などの企画をきっかけに、加賀での子どもの未来を考える「かが子ども未来プロジェクト」を地元の皆さんと一緒に立ち上げることになりました。

加賀には遊びの資源がいっぱいある!でも、それが結びついていなかったり、カタチになっていなかったりする。

子どものアソビバを広げることを通じて、加賀を遊びと未来あるまちにしていくのがこのプロジェクトの趣旨です。

とりあえずやってみよう!山代アートマーケット

こうして立ち上がったプロジェクトの第1弾が、山代アートマーケットに相乗りした「みんなのアソビバ」です。

山代アートマーケットの様子

山代アートマーケットは、その名の通り、アートを中心にしたマルシェイベントで、石川県内を中心に全国からアーティストや作家さんが集まります。

いろんな雑貨やアート作品がたくさん出店されていて、思わず僕も木のこまを買ってしまいました。

当日のみんなのアソビバの様子

はじまったばかりのプロジェクトで、とりあえずやってみよう!の「みんなのアソビバ」。

案の定、前日まで決まっていないことだらけでしたが、メンバーの力も借りて、どうにか当日を迎えることができました。

今回はコミュニティカフェ山代コドンの駐車場を借りての開催でした。

夏のイベントということもあり、熱中症対策も兼ねて、即決でプールをつくることに!

プールは大人気!
みんなで描こうスイミーアート!

アートマーケットに関連して、みんなでちょっとずつスイミーを描くコーナーもつくってみました。これは一緒に活動をしている地元のお母さんのアイデア!

チョークアート

地面にもアートが広がります!こんなに上手なスポンジボブも!

おさかなアートが頭上を泳ぐ

子どもたちが描いてくれた「おさかなアート」が、空中を彩ってくれました。

ナイトプール

夜はなんとナイトプールも開催!地元の子育て支援団体の方が借りてきてくださった光るボールに子どもたちは夢中でした。

みんなで映画づくりワークショップ

今回の「みんなのアソビバ」のもうひとつのおもしろさは、映像作家さんの協力による映画づくりワークショップ。

今回のアソビバでは、プールを設置していることもあり、子どもたちと一緒に「JAWS(ジョーズ)」をつくってみました。

映画づくりワークショップの様子

ダンボールで作ったジョーズに食べられる様子を撮影。

子どもたちは笑顔で食べられていくので、本当に食べられているか謎ですが、大盛り上がりのワークショップでした。

みんなのアソビバで撮影した映画づくりワークショップの動画は下のリンクからご覧いただけます。

地域イベントには絶対アソビバを!

地域のイベントに「みんなのアソビバ」

これってめちゃくちゃ相性がいいんです。

マルシェ系のイベントは、大人は買い物ができて楽しいけど、子ども向けのコンテンツは意外と少ない。僕も子どもの頃、こういうイベントに行って、退屈な思いをしたのを思い出します。

だからこそ、どんなに小さくてもアソビバを用意する。

子どもに優しいまちづくりってこういうところから始まると思うんですよね。

大人も子どもも楽しめるイベントをつくりましょう!

芝生ファンドで地域で支える子どもの芝生。

今回の「みんなのアソビバ」で使用した芝生は完全自費。

「みんなで伸ばそう子どもの芝生」をキャッチコピーに、芝生ファンドを募っていきました。

ちなみに100円で10cm分の芝生が伸びることになります。

寄付者には自由に名前を描いてもらった。

結果、たくさんの方がご寄付下さり、2日間で19,540円(芝生19m54cm分)が集まりました!

本当にご協力ありがとうございました。

しかし!まだまだ芝生を伸ばしてくために、引き続きご寄付お待ちしております。

かが子ども未来プロジェクトの活動は始まったばかり、これからが本番です!

12月には屋内アソビバも企画中。仲間になって下さる方も大募集です◎

ABOUT ME
土肥 潤也
「コミュニティファシリテーター」という肩書きで、すべての人が主役になれるコミュニティづくりに取り組んでいます。コミュニティラボCO-℃(コード)代表、NPO法人わかもののまち 代表理事、日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員、内閣府「子供・若者育成支援のための有識者会議」構成員