主権者教育

主権者教育

投票権がなくなっても、若者は困らない?焼津市明推協の研修会を担当

3年間連続で、焼津市明るい選挙推進協議会の研修会を担当しています。今年は「焼津市議会議員選挙に活きる啓発活動を考える」がテーマでした。 継続的に関わらせていただいていることもあり、中期計画を練りながら、研修を実施しています。単発で関わって終わりが多い中、継続的に関われるのは嬉しいことです。
主権者教育

主権者教育は、大人の真似事をすることではない。茨城県JCで研修を担当。

若者参画・主権者教育をテーマに研修。2018年3月20日は、日本青年会議所茨城ブロック協議会の主権者意識向上委員会にて、主権者教育や若者参画に関する内部研修を担当しました。この委員会では、県の教育委員会などと連携し、ハイスクール議会を開催し...
主権者教育

神奈川では小学生から政治参加教育を。

高校生に向けた主権者教育が注目されている中、今年の5月から神奈川県では、小・中学生向けの政治的教養を育むプロフラムの開発がはじまったそうです。
主権者教育

若者の投票率だけをあげれば良いの?

自民党が5月に発表した政策パンフレット「国に届け」の中で描かれている漫画「軽いノリじゃダメですか?」をご存知だろうか。軽いノリで選挙に行こう!と、若者の選挙啓発が目的につくられたであろうこの漫画であるが、果たしてこのノリで選挙に行くことはいいことなのだろうか?
スポンサーリンク