つぶやき

つぶやき

「なんでお金にならないことばかりするの?」と聞かれて

国の大きな流れを見つつ、地方でしっかりやる。 20年後に草の根の活動があるかないかでまちの姿が大きく変わる気がするなぁ。 気付いたら、水道光熱費が今の何倍にもなって、救急車も消防車も来なくなって、学校も運営できなくなって... まあここ...
つぶやき

学生の労働力はタダではない。無償の労働力として使われるまちに学生は住みたくない。

「学生=無償の労働力」って思い込みありませんか? 何かあるたびに「学生がいるといい」「学生に来てもらおう」としきりに言うわけですが、学生はそんなことに付き合ってる暇はないんです。
つぶやき

就職しないと、社会のことを知れないという大人たち

3月1日に就職活動が解禁となりました。まわりはリクルートスーツに身をくるみ、合説とやらに出かけております。(ディスっているわけではなく、就活事情が何もわからず、すれ違う同級生たちがどこへ出かけているのかもよくわからないのです)
つぶやき

人が集まるイベントをつくる7つの原則

昨年の12月頭に京都の同志社大学政策学部の佐野先生にお招きいただき「幸せな人口減少社会のデザイン」という講義で講演をさせていただきました。 受講されていた学生さんの中には、地域活動に取り組んでいたり、学内活性化のための学生団体の代表をしていたりと、アクティブな子が多く、質疑も活発にしてくれました。 そのなかで、「どうやって人を集めているのか?」という質問があり、「ちょっと内容が濃いから回答はブログでします!」とお伝えしたので、今日はそんな記事を書いていきます。(同志社の皆さん投稿が遅れてしまい、ごめんなさい 汗)
つぶやき

周りの評価を気にするな!やりたいから”やる”、それでいいじゃないか。

大学時代から地域活動に関わり、就職せずに大学院に進学。大学院生をしながらNPOを経営するというちょっと違った生活を送っていると、「なんでやりたいの?」とたくさん聞かれます。
つぶやき

うん、色んなことがあったな〜の2017年

2017年はとにかく移動が多い1年でした。 静岡と東京の2拠点という無謀に見えた生活も気付けば静岡の方がはるかに多い 笑(下記参照)
つぶやき

【ご報告】若者による公開討論会及び若者マニフェストの発表がマニフェスト大賞を受賞

今年の静岡県知事選で実施した若者による静岡県知事選公開討論会及び若者マニフェストの発表が、2,597件から38件が選ばれるマニフェスト大賞優秀賞を受賞しました!
つぶやき

大学生に早朝バイトをすすめる5つの理由

こんにちは。進路に迷走する大学生のどひ(@Kosuta_ask)です。 何のバイトをするかって大学生にとって、大きな悩みだったりしますよね。僕もここまで4~5つくらいのバイトをしてきました。
つぶやき

学生が早朝バイトを選ぶための3つの原則

朝バイトを始めたいけど、どうやって選べばいいかわからない...。 「大学生に早朝バイトをすすめる5つの理由」でご紹介したように、朝バイトはかなりおすすめなのですが、良いバイトを選ばないと最悪な朝から1日を過ごすことになってしまいます。 今回の記事では、気持ちの良い朝バイトを選ぶための3つの原則をお伝えしたいと思います。
つぶやき

【先進事例まとめ】国内の子ども・若者参加

18歳選挙権に関する学校教育で盛り上がっていますが、学校外での若者参加の取り組みをまとめてみました。
つぶやき

「選挙」に若者参加をどのように組み込むことができるか

衆議院の開催に伴う総選挙が行われることになりました。 (解散自体に意味があるのかという議論があることはひとまずここでは置いておいて)毎度思うことではありますが、選挙のたびに僕らの団体(NPO法人わかもののまち静岡)に報道機関から「何かやりませんか?」という連絡が多く、非常にモヤモヤした感情を持つわけです。
つぶやき

環境の収支を合わせる”ミティゲーション”という考え方

ミティゲーション(mitigation)とは、一般的には「緩和する、和らげる」という意味で使われており、環境政策におけるミティゲーションは、「開発による自然環境への影響を何らかの具体的な措置によっ て緩和すること」とされています。
つぶやき

わかもののまち静岡が変えた静岡「社会はひとりで変えられない」

「わかもののまち静岡」はどうしてはじまってか?静岡を守っていく人がいなくなるのが寂しい。最初はそれがはじまりでした。地方創生を叫ぶ日本国内で、特に人口減少が全国第2位と報道された静岡県。この報道を受けて、このままじゃやばい、僕たちに何かでき...
つぶやき

若者は社会に関心がないのではなく、社会に対して意見を言う機会がないだけである。

「若者は社会に関心がない」とよく指摘されるが、本当にそうなのだろうか。 社会に関心がないのではなく、社会に対して意見を言う機会がないだけではいだろうか。 NPO法人わかもののまち静岡では、6月に投開票が予定されている静岡県知事選に向けて、若者の声を集め、それを集約し「静岡わかものマニフェスト2017」として、知事選候補予定者に届ける #わかちじ というキャンペーンを今週から実施している。
つぶやき

ロジャー・ハートの参加のはしごから考える「中高生を使い物にするまちづくりが流行りなの?」

地方創生や18歳選挙権の流れから全国でぐっと中学生・高校生をまちづくりに参加させる取り組みが増えている印象を受けます。 中学生や高校生であっても、そのまちに住むひとりの「市民(citizen)」であるわけですから、自分のまちに関わる機会や環境が増えてきたことは単純にいいことだなと感じています。
つぶやき

人にお願い事をする時に大切にしたい3つのこと

人にお願い事をすることって結構ありますよね。申し訳ないなと思ってお願いする気持ちもわかりますが、少しその考えをシフトさせてみましょう。
つぶやき

『選ぶ』から『創る』公開討論会に!21世紀市民参画型社会の提案。

『選ぶ』から『創る』公開討論会に!6/25の静岡県知事選射向けて、中部・西部の若者団体が共同で実行委員会を組織して、静岡県知事選公開討論会を企画しています。  え?公開討論会?それおもしろいの?まず「公開討論会」と言うと、「え?むずかしそう...
つぶやき

若者NPOは辛いよ。税金12万円をどうするか悩んでいる話。

NPO法人を立ち上げて早半年。 はじめての年度末を迎え、会計処理に追われております。 NPO法人は法人税が非課税になるのですが、定められている収益事業にあたる事業を開始すると、利益が出ている出ていないに限らず法人税が課税されます。
つぶやき

ゾロリも読めなかった僕がすすめる本を読み進める

本を読むのは大嫌い(だった。)とにかく本を読むのが大嫌いでした。学校で課題図書とかが出て読書感想文なんて書かされる日には、発狂しましたね。それでも本を好きになろうと、小学生の時にはじめて手にした本は「かいけつゾロリ」。かいけつゾロリ ちきゅ...
つぶやき

『21世紀の豊かさ』出版記念シンポジウムの気付きを羅列してみる

「【出版記念シンポジウム】21世紀の豊かさ―経済を変え、真の民主主義を創るために」に参加してきました。
スポンサーリンク