まちづくりの実験

みんなの図書館さんかく「一箱本棚オーナー」を募集しています。

焼津駅前通り商店街に開設される「みんなの図書館さんかく」のオープンが3月3日に確定しました(さんかくだけに)。

図書館の開館に先立ち、「一箱本棚オーナー」の募集です。限定20箱の一箱本棚ですが、現状で14箱の予約が入っております!ご希望の方はお早めにお申し込みください。

一箱本棚オーナーとは?

一箱本棚オーナーは、その名の通り「みんなの図書館さんかく」に 自分だけの本棚を持つことができるオーナー制度です。

一箱本棚の利用期間内であれば、いつでも自由に本の入れ替えをすることが可能です。また、オーナーの希望で本の販売をすることもできます(詳しくは後半のページを参照)

なお、グループ(ゼミ・研究会)での利用も可能です。その場合は、グループごとに一箱本棚の利用料をお支払いいただきます。

※一箱本棚の選書によって、図書館側で本棚の停止をさせていただく場合がございます。その場合、料金は返金いたします。(年間契約の場合は利用停止月までの利用料は発生)

一箱本棚は上のAタイプかBタイプのどちらかのタイプからお選びいただくことになります。

ただし本のサイズに合わせて、本棚のサイズは柔軟に対応も可能ですので、お気軽にご相談ください。

一箱本棚は、下の写真のようなカードスタンドや付箋紙で好きな形にレイアウトができます。

カードスタンドは、図書館側で無料で貸し出しをします。また、ご自身でカードスタンドやポップを作成いただき、お持ちいただくことも可能です。 また、木の板を使って、本棚のレイアウトを変えることも可能です。

「一箱本棚オーナー」の特典

「一箱本棚オーナー」は、一箱本棚の利用権に加えて、下記の特典を受けることができます。

1.みんなの図書館さんかく 貸切利用券
3時間 / 月 まで無料 (それ以上は1,000円/時間)
※一般利用の場合は、1,000円/時間となっています

2.マイコーヒーカップ置き場の利用権

3.公開講座/連続講座/ゼミ・研究会・勉強会を企画する権利
公開講座/連続講座の企画の場合は、土肥が講座の企画をサポートいたします。 ゼミ・研究会の詳細については、後半をご覧ください。

4.公開講座・連続講座の割引
割引率は講座によって異なります。

5.みんなの図書館さんかくで お店番をする権利
本に囲まれた空間でお店番をしていただけます。お店番の日程調整は月ごとに行います。 図書館にはフリーWifiを設置予定で、作業をしながらお店番することもできます。

一箱本棚オーナーの利用料金及び一箱本棚の利用方法の選択について

【一箱本棚オーナー】月額利用料 2,000円(1ヶ月のみの利用も可能)

年間利用料 20,000円  ※税込の金額です

当初は本の貸し借りのみと考えていましたが、設置準備の過程で「本の購入はできないの?」「借りるだけじゃなくて買いたい!」「本好きは借りるより、買いたい」の声が多く出てきており、一部分に関しては本の販売を可能とすることになりました。

一箱本棚のオーナーには、①貸し借りのみ本棚、②販売本棚、のどちらかを選択いただきます。

「②販売本棚」を選択いただいた場合は、1冊売れるごとに利用料として100円を図書館に納入いただきます。

100円を差し引いた売り上げは、月ごとに取りまとめオーナーにお支払いいたします。(図書館にお越しいただいた際に、現金でお支払いする予定です)

※クラウドファンディングで一箱本棚のプランをご支援いただいた方は、2020年3月〜2021年3月までの1年間が利用期間となります。2021年3月からも継続して利用される場合も上記の金額表でご利用いただけます。
※年間契約を選択いただいた場合、利用月から1年間の契約になります。
※一箱本棚や本の販売を通しての利益は、すべて図書館の運営費用に充てさせていただきます(家賃や水道光熱費など)
※一箱本棚は、ご自身でポップを作成されるなど、自由に利用いただけます。基本的に本以外のものは置かないようにしてください。
※本は、無人での販売を予定しています。盗難等が起こった場合は、図書館側でその金額をお支払いいたします。

ゼミ・研究会・勉強会の立ち上げについて(グループでの一箱本棚の利用方法)

一箱本棚は、グループ利用も可能です。グループ利用は、代表者が一箱本棚のオーナーとして契約し、支払いはグループごとのルールで行ってもらいます。

なお、受けられる特典は、個人利用と同じです。(グループであっても、利用の金額は変わりません)

例えば、下記のような利用ができます。

自分が主催する授業や講座/勉強会を定期的に企画したい方
授業や講座で参加費と徴収することは問題ありません。授業や講座の参加費から一箱本棚の利用料をお支払いいただくことができます。 例えば、1回の講座参加費が1,000円の講座で、年間20人参加者がいれば、一箱本棚の利用料のお支払いは終了です。

ひとつのテーマについて深める/学び合うゼミ活動をしたい方
グループのメンバーで年会費を設定し、一箱本棚の利用料お支払いいただくことができます。例えば、5人のグループであれば 4,000円/人 の年間利用料で、一箱本棚を借りることができます。

みんなの図書館さんかく」の講座体系

「みんなの図書館さんかく」の講座は大きく分けて3つに分類されます。

公開講座
•単発で開催される公開講座です。持ち込み企画も歓迎します。
•年6〜10回程度の予定で、不定期開催です。

連続講座(年4回/春夏秋冬)
•図書館側で企画する連続講座です。
•春夏秋冬の4クオーターに分けて、テーマ別の講座を3〜5回で企画します。

ゼミ・研究会・勉強会
•一箱本棚オーナーになれば、誰でも企画ができます。開催頻度や講座の方法はゼミ・研究会・勉強会ごとに自由です。
•「さんかく」だけに、3人以上集まるゼミ・研究会・勉強会を推奨しています。
•広報や集客に不安がある方は、ご相談ください。「さんかく」でもお手伝いができます。

お申し込み・問い合わせ

sankakuyaizu@gmail.com までお問い合わせください。

件名に「一箱本棚オーナー希望」、本文に、①お名前、②お住まいの地域、③希望利用期間、の3点をご連絡ください。

また、ご質問やお問い合わせも上のアドレスまでお願いいたします。

ABOUT ME
土肥 潤也
「コミュニティファシリテーター」という肩書きで、すべての人が主役になれるコミュニティづくりに取り組んでいます。コミュニティラボCO-℃(コード)代表、NPO法人わかもののまち 代表理事、日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員、内閣府「子供・若者育成支援のための有識者会議」構成員