子どもの権利条約ニュースレターに寄稿しました!

若者の政治参加

S__64331781

政策に若者の声を、「わかもののまち静岡」の挑戦

ご依頼をいただき、「子どもの権利条約ネットワーク」のニュースレターに『政策に若者の声を、「わかもののまち静岡」の挑戦』と題した報告をさせていただきました。

全国で流行りのように広がり始めている「子ども会議」「若者会議」は本当にこのままでいいのか?ということを、「わかもののまち静岡」をひとつの事例に紹介させていただき、書かせていただきました。

S__64331780

ニュースレターを書く機会をくださった喜多先生ありがとうございました😄

(ちなみにニュースレターを読むには、子どもの権利条約ネットワークの会員にならなければいけないようです)

 

 

【土肥潤也(子ども・若者の地域参画コーディネーター) プロフィール】

静岡のNPOで活動をしながら、東京の大学院に通う。

静岡と東京の2拠点生活をする実践者兼学生(研究者)

プロフィール 土肥潤也/Junya Dohi
土肥潤也(どひじゅんや)プロフィールコミュニティファシリテーター1995年、静岡県焼津市生まれ。早稲田大学社会科学研究科修士課程・都市・コミュニティデザイン論専攻。大学時代から若者の社会・政治参加に関する活動に参加し、学部3年生の時にN...

 

【子ども・若者が政治的主体として参画できる社会に】

県知事も「おもしろい!」と言った若者の政治参加を進める3つの提案

県知事も「おもしろい!」と言った若者の政治参加を進める3つの提案
新春知事対談〜明けまして、ボクらの未来〜明けましておめでとうございます。更新があまり多くない本ブログですが、昨年同様に書ける時に書きたい記事を書いていこうと思うので、本年もよろしくお願いします。さて、前の記事でもお知らせをさせていただいたよ...

学生ボランティアを無償の労働力にするのは最低だ

学生ボランティアを無償の労働力にするのは最悪だ。
なんとなく「ボランティア」という言葉に違和感を持つことがあります。本来は「自発的な」という意味なのに、日本のボランティアに自発性があることが少ないように感じるからです。強制的なボランティアなんでボランティアに対して、こんな認識を持っているの...

プロセスに当事者がいない居場所はただの押し付けだ

プロセスに当事者がいない居場所はただの押し付けだ。
子ども・若者の居場所は大人の押し付け?約1年間準備をしてきた焼津駅前の若者の地域活動拠点が、今年の2月にオープンすることになりました。子どもや若者の居場所施設は児童館等をはじめ各地にありますが、本当の意味で若者の居場所にしていくのならばその...