まちづくりの実験

「資本主義から隔離された、異次元みたいな場所ですね」

今日も「みんなの図書館さんかく」で1日を過ごしていました。

コロナウイルスの影響で1ヶ月休館をしていたのですが、緊急事態宣言が明けた先週くらいから開館を再開しています。

ちょっとずつ戻ってくる日常

顔なじみの一箱本棚オーナーさんと久しぶりに顔を合わせて話ができるのは、なんとも感慨深く、「ああ、日常がちょっとずつ戻ってきた」と安堵感を抱きます。

コロナ自粛で家で過ごす時間が増えている人も多いのか、本を借りたいと新規の利用者も増えています。

今週は、よくうちに寄ってくれる小学生も「学校が今日から始まったよ!」と午前授業だけ出て、午後に顔を出してくれました。

元気そうな顔が見れてよかった。

久しぶりにお店番をして、本に囲まれ、来館者ひとりひとりとコミュニケーション取ったり、本をじっくり読んだり、改めて「さんかく」の空間・時間が好きなんだと強く思います。

コロナで人との関わりが少なかったら余計にそう感じるのかなぁ。

異次元みたいな場所ですね

今日は、午後に品の良い中年の男性が、可愛い犬を抱えながら「ここはなんですか?」と足を止めてくれました。

市外からたまたま焼津に来ていたという男性は、さんかくに興味津々の様子で、いつもより丁寧に「さんかく」のシステムを説明してみました。

館内にある本に手を取ってパラパラとめくってみたり、オーナーさんの棚をじっくりと見てみたり、お話をしながら気づいたら30分くらいは観察をされていました。

帰りがけに、「おもしろいなぁ。資本主義から切り離されていて、ここだけ異次元のように感じますね。」とポロッと言い残して、「また来ます」と帰られて行きました。

この言葉が印象に残って、「なるほど、そう捉えるのか」と、この言葉を自分なり解釈にしながら、しばらく余韻に浸っていました。

確かに「さんかく」は、「消費」する場所ではなく、まちや社会の主人公として「参画」する場所を目指しています。

直接的にそのような言葉を使わずとも、はじめてこの場所に立ち寄ってくださった方が、そんな風に「さんかく」のことを解釈して、言葉にしてくれてなんだか嬉しくなりました。

ABOUT ME
土肥 潤也
「コミュニティファシリテーター」という肩書きで、すべての人が主役になれるコミュニティづくりに取り組んでいます。コミュニティラボCO-℃(コード)代表、NPO法人わかもののまち 代表理事、日本シティズンシップ教育フォーラム運営委員、内閣府「子供・若者育成支援のための有識者会議」構成員